珪藻土コースターについたコーヒー等のシミは漂白剤「キッチン泡ハイター」で簡単に落とせる

我が家ではこちらの珪藻土コースターを愛用しています。

速乾性に優れていて乾燥させる必要がないため、皆さんの中にも愛用している方は多いんじゃないでしょうか。

そんな非常に使い勝手の良い珪藻土コースターですが一つ問題がありまして…

ご覧のようにコーヒーの色などがついてしまうと落ちづらくなってしまうんですよね。

使い捨てのコースターや安いフエルトのコースターなら良いんですが、珪藻土コースターの単価は300円くらい。簡単に捨てるわけにもいきません。

ということで購入元のページを見たところ漂白剤を利用して汚れを落とす良い方法が書いてあったのでご紹介しておきます。同じような状態に悩まされてる方は是非参考にしてください。

キッチン泡ハイターを使って珪藻土コースターの汚れを落とそう

まずは珪藻土コースターをキッチンの干し場などに移動します。

我が家にはこういう折りたたみ式の水きりがあるのですが、こういうのがあると便利です。

そして色を落とすのに使うのはこちらのキッチン泡ハイター。

普通の液体のキッチンハイターを薄めて布などに染み込ませて使うこともできるらしいですが、単純にめんどいので泡ハイターがあると便利です。

そうしたら、キッチン泡ハイターを汚れが気になる場所に吹きかけます。

僕は豪快に全部にぶちまけておきました。

この状態で1〜2分放置します。

1分ほどで泡はかなり消え始めます。

2分置くとこんな感じ。

最後に流水でしっかりと洗い流して、乾燥させておきます。

「珪藻土に流水ぶちまけて大丈夫なの?」って思う方もいるかと思いますが普通に推奨されている行為なので大丈夫です。

このまま一晩乾燥させて置きます。おやすみなさい。

翌朝

おはようございます。時刻は朝6時半。珪藻土コースター職人の朝は早い。

それではコースターの状態を見ていきましょう。

一番綺麗になったやつだとこんな感じ。ピッカピカですね。

コーヒーぶっこぼしたりして一番汚れてたやつはこんな感じで、「完全に消えたとは言えないけどまあまあ気にならないレベルになったかな」というくらいまで復活しました。

これをさらに落とすには多分ですが珪藻土バスマットの時みたいに目の細かいヤスリで削ったりすると良いんじゃないかと思います。

まとめ

ということで珪藻土コースターを復活させました。

珪藻土ってあんまり身近に無い物質なのでどう扱ったら良いかわかりづらいと思いますが是非この記事を参考にしてみてください。

ちなみに、間違っても「食器用洗剤」を代用に使ったりしないでください。界面活性剤を含むものをふりかけると、珪藻土が目詰まりをして水を吸わなくなり、珪藻土コースターがただの文鎮になります。

関連記事

珪藻土バスマットがあんまり水吸わなくなった→紙やすりで削ってお手入れしたら復活させた話

2018-07-14

同じように珪藻土バスマットのお手入れ方法についても書いてます。こちらも使っていましたら是非。

スポンサーリンク
スポンサーリンク