全く同じ服を3着買って「毎朝着る服を選ぶ」という思考のノイズを削減した

こんにちは。自称ミニマリストの篠崎せろり(@sinozakiserori)です。

元々僕は持っている服は少ないほうなのですが、もっともっと思考のノイズを減らして洗練したいな~と思ったので、服を統一する、いわゆる、「私服の制服化」をすることにしました。

普段着る服を統一して思考のノイズを減らそう

というわけで早速服を買ってきました。

ずっと着ることになる服なので何を買うかめちゃめちゃ悩んでかなり時間を使いました。

シャツ

というわけで全く同じ白シャツを3つ買いました。

シンプルイズベスト。美しさすら感じますね。

買う際に注意した点としては、

  • 常にこれを着ることになるのでじっくり時間をかけて品定めする
  • 時代や流行に取り残されるような配色やデザインは避け、シンプルなものを選ぶ
  • 極端に薄すぎたり厚すぎたりせず、夏も冬もオールシーズン着られるようなものを選ぶ

長く使っていくであろうものなので、この3点は非常に大切にしました。

シャツを選ぶのだけで2時間ぐらいかかった気がする。

ズボン

同じようにズボンも黒いものを3つ買いました。

そのうち2着は伸縮性のあるスラックスのようなもの。

腰の部分はゴムが通してあって非常に伸縮性に優れています。

かといって黒いズボンは仕事場に着て行っても一切普段着に見えない不思議。

最近は家でも職場でもこれを履いてます。

もう一着はしっかりした生地の黒のチノパン

お客様に合うときとか、大事なデートのときとか、ここぞというときに使おうと思っています。

アウター

先ほどのシャツに羽織って合わせるやつ。

青いカーディガン、灰色のカーディガン、黒いパーカーの3種類です。

青いカーディガンは元々持ってたやつをそのまま使います。残り2つは新しく買いました。

僕は体が小さいので、カーディガンはどちらもレディースもののXLサイズを使っています。

あとはこれ以外に日によっては彼女が持っているカーディガンを着まわしたりしてます。

というわけで靴も全く同じものを2足買ってみました。

今までは気に入った靴一足をずっと履いていたのですが、

  • 壊れやすい
  • 蒸れてくる
  • 靴を休ませてあげる時間がない

という結論に至ったので同じ靴を2足購入。

靴ひもがないタイプの靴を試してみたいなあと思ったのでスリッポンにしてみました。

今は1日ごとに同じ靴をローテーションして履いています。最高。

「同じ靴を二足買う」を実践して2ヶ月経ったのでメリット・デメリットと感想まとめ

2018.05.22

その他

他に持っている服としては、

  • 靴下6足(夏用3足・冬用3足)
  • インナー10着(上半身夏用2着・春秋用3着・冬用2着&下半身冬用3着)
  • 下着5着
  • 手袋2つ(薄い指貫き手袋と分厚い普通の手袋)
  • ネックウォーマー2つ
  • コート3着(春秋用・冬用・真冬用の3つ)

基本的にシャツやズボンは同じで、温度調整はインナーの枚数で調整してます。

あとほかに寝るとき用のパジャマを夏用冬用で2着ずつもってるんですが、これもそろそろ捨ててしまおうかと思ってます。

まとめ

というわけで服を統一して思考のノイズと朝の無駄な時間を断捨離しました。きもちいい。

人間ってどうしても何着も服を持っていると「お気に入りの服」と「そうでない服」が生まれてしまいます。

毎日同じ服を着るというのは決して服に対していい加減だからではなく、毎日1軍の服を着れるということでもあるのです。

毎日気に入った服だけを着る生活。最高ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク