旅行好きにオススメ。地域最安値・空室の宿が検索できる「Booking.com」で賢く予約しよう

どうも、篠崎せろり(@sinozakiserori)です。

僕は旅行が大好きで、結構頻繁に突発的に近場で旅行をしたりしています。写真は横浜の関内に泊まった時の写真。

そして旅行と言えば付きまとう問題の一つが「宿をどうするか」という問題。

僕はよく突発的にふと思い立って「よし明日から一泊二日で旅行しよう」みたいな突然の旅行計画を立てたりするんですが、

  • 目的地からなるべく近い場所で
  • 禁煙喫煙やベッドの数などの条件が合っていて
  • 地域最安値の価格で
  • 空室がまだあるホテル

を探すのって結構大変なんですよね。

ということで最近は「Booking.com(ブッキングコム)」というサイトを利用して地域最安値の空いているホテルを瞬時に検索し賢く予約しています。

しかもこのBooking.com紹介制度があり、今登録して実際に宿泊をするともれなく2000円の返金を受け取れるという超お得な制度があるのでこの機会にご紹介します。

せっかく旅行をするならもらえるお金はもらって賢く旅行しましょう。

世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」が全旅行者におススメ

というわけでここからは使い方について説明していきます。

まずは下記リンクからBooking.comのサイトにアクセスしましょう。

Booking.com

アクセスするとこのようなページにたどり着くかと思います。

こちらが2000円キャッシュバック対象のページですね。ここに、

  • 目的地
  • チェックイン・チェックアウトの日付
  • 何名で宿泊するのか

を入力するだけ。たったこれだけでその地域で最も自分に合ったホテルを紹介してくれます。

試しに、「大阪市」「7月15日~16日」「大人2名」の条件で検索してみました。

検索してみるとこんな感じ。

ここからはこのサイトの見方を注釈を入れながら解説していきます。

サイトの見方

1,検索結果に相部屋を反映させるか

通常の検索結果には「ドミトリールーム」「ホステル」「ゲストハウス」などのいわゆる「相部屋」のものも表示されています。

個室のお部屋のみを検索する場合には「個室のみを表示する」を選びましょう。

2,リアルタイムビュー

現在このホテルの情報を見ている人が何名居るのかを表示しています。

残り部屋数が少ない場合など、タッチの差で先に予約されてしまった!というケースも結構あるので、「ここがいいな」と思ったら素早く予約しましょう。

3,過去の宿泊者のレビュー

過去の宿泊者のレビュー(好評価・低評価の割合)がパーセンテージで表示されています。

同じような価格帯のホテル2つで迷ったときはここを見比べて、より高評価なホテルに泊まると良いと思います。

4,残りの部屋の数

このホテルの残りの部屋数が表示されています。

人気のホテルほど早くお部屋がなくなってしまうので、先述した通りいいお部屋を見つけたら素早く予約しましょう。

5,価格

表示されているお部屋の一泊のお値段です。

Booking.comに載っているホテルのほとんどが現地での現金払いですが、たまにクレジットカードの登録を要求されることがあります(キャンセル料などの確約のため)

6,部屋数の変更

部屋数を変更したい場合にはこちらから変更することができます。

7,絞り込み検索

こちらにチェックを入れることで絞り込み検索を行うことができます。絞り込める条件は以下の通りです。

  1. 価格帯(0円~25000円+)
  2. ホテルランク(1つ星~5つ星)
  3. 設備(大浴場あり・サウナあり・Wi-Fiありなど)
  4. ホテルのタイプ(ビジネスホテル・ゲストハウスなど)
  5. エリア(観光地周辺の人気エリア・例の大阪なら「心斎橋」「なんば」など)
  6. バリアフリーに対応しているかどうか

などなどこれ以外にも多数の絞り込み条件があり、これらを駆使すれば理想のホテルを予約することが可能なはずです。

予約の仕方

というわけでここからは実際の予約の方法についてです。

今回は試しに先ほどトップページにヒットしたこちらのホテルで予約画面に進んでみましょう。

このページの下のほうにこのような表記があります。

予約したいお部屋を間違えないように慎重に選び、「数」のところを「0」から「1」に変更します。(仮に2部屋予約したい場合は「2」に変更しましょう)

そして内容が間違っていないことを確認したら「予約画面へ」のボタンを押しましょう。

次の画面では宿泊者情報を入力します。

  • 宿泊者の氏名(代表者)
  • メールアドレス(このメールアドレス宛に予約確認書が送られます)
  • チェックイン時刻

主に入力するのはこの3つだけ。チェックイン時刻は大体の時刻で構いません。

次のページでは電話番号やクレジットカードの情報の入力などを行います。

クレジットカードは基本的にキャンセルの際のキャンセル料の確約などに使用するだけ。基本的に支払いは現地払いになります。

キャンセル料発生のタイミングはホテルによって異なるので、確認しておくと良いと思われます。

全てを入力し終えたら「予約を確定する」を押して予約を確定させます。

あとは入力したメールアドレスに「予約確認書」が送られてくるので、そこに記載されているホテルの住所を頼りに当日ホテルに向かい、名前を名乗ってお会計を済ませるだけ。単純明快でわかりやすいですね。

まとめ

ということで今回は「Booking.com」の使い方について説明しました。

僕は実際に今までの旅行での宿の予約にはこちらのサイトを利用しています。旅行前日でも空室が簡単に調べられるのが最高。

先述した通り現在Booking.comでは、登録して実際に宿泊をするともれなく2000円のキャッシュバックを受け取れるというお得なキャンペーンを行っています。(登録したクレジットカードに後日返金される仕組みです)

このキャンペーンをうまく使って、浮いたお金で旅行先で美味しいものを食べたり、また次の場所へ旅行するときの資金としたり、賢く旅行をしましょう!

Booking.comでホテルを予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク