クロスバイク買ったので追加購入して便利になった付属アイテムまとめ

Amazonで3万円のクロスバイク「CANOVER(カノーバー)」買ったのでレビュー

↑以前こちらの記事でクロスバイクを買ったということについて書きましたが、一緒に買っておいた方が良い付属品について書いていなかったので別記事でまとめて書きたいと思います。

僕はクロスバイク初心者なので参考になるかはわかりませんが、とりあえずこの辺りを揃えておけば街乗りはかなり快適になるかと思います。

クロスバイクに追加購入してよかったものまとめ

フロントライト(メイン):Linkaxのフロントライト

メインで使っているライト。

クロスバイクには最初からライトはついてないので自分で購入する必要があります。

かなり速度が出る乗り物なので事故防止の意味でも絶対に無灯火での運転はやめましょう。

明るさは僕が買ったモデルだと1000ルーメンもあって、夜間でも足元がしっかり見えます。

対向車からすると明るすぎるくらいなので、少し下向きの角度にして設置することをオススメします。

フロントライト(サブ):クロスバイクに最初からついてたやつ

クロスバイク買ったら一緒についてきたちっちゃいライト。

点けてもさっきのメインライトほど明るくないんですが、対向車が視認する分には十分です。

用途としては、

  • メインライトは明るすぎて人や車に向けられないので、上向きにして視認してもらう用
  • メインライトが万が一電池切れの時にコンビニまで電池買いに走る用
  • メインライトが走行中にぶっ壊れたときのサブ

みたいな立ち位置でつかってます。

これは必要かどうかが人によって分かれると思うのであくまで参考程度にどうぞ。

メインがしっかりしたやつを使っていれば、サブは100均とかで売ってるやつで十分だと思います。

リアライト:メインライト買ったらおまけでついてきたやつ

メインライト買ったらおまけでついてきたリアライト。明るさは20ルーメンくらい。

暗闇だとこんな感じに光ります。

視認性的にはこれでも全然問題ないと思いますが、もっとちゃんとしたのが欲しい方はAmazonとかでリアライト単品が売ってますのでどうぞ。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥1,125 (2020/09/18 13:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

鍵:5桁ダイヤルロック錠

基本的にクロスバイクはママチャリみたいなU字錠はついてないので、自分で鍵を買う必要があります。

僕は物理キーを持ち歩きたくなかったのでダイヤルロックにしましたが、総当たりで開けられてしまう可能性はなくはないので不安な方は物理的な鍵で開けるタイプのワイヤーロックをオススメします。

実際に鍵をかけた状態だとこんな感じ。

ちなみに走行中など使ってない時はこんな風にホルダーで鍵をホールドしておけます。

この機能がめちゃめちゃ便利。

クロスバイク、決して安い物ではないため盗難に合わないためにも100均とかのやつじゃなくそこそこ良いやつをオススメします。

↓最近だとこういう指紋認証式のワイヤーロックも売ってたりします。これ物理キー持ち歩かなくて良い上に防犯性も高くて良いですね。

スマートフォンホルダー:Boneのステム用スマホホルダー

あまり道を知らない場所とかでスマホを取り付けてナビを見る時に使うやつ。

クロスバイクはハンドルと胴体との間にステムっていうスペースがあるので、そこに取り付けられるタイプのスマホホルダーを買うと、ハンドルにつけた時より重心が偏らなくて済むのでスムーズです。

↓ちなみに雨が降りそうな時や、モバイルバッテリーや携帯食などを持っていきたいときのためにこういうバッグも一応持ってます。

スマホのつけ外しが若干上のものより面倒なのと、最近は街乗りしかしてないんであんまり使ってません。

ベル:買った時についてきたやつ

基本的にベルを使うシーンはないですが法律上必要なのでつけるだけつけておきましょう。

何か事故などのアクシデントがあった時に整備不良として不利になる可能性があります。

ちなみに基本的には使うシーンはないので小振りで邪魔にならないやつならなんでも良いと思います。

↑最近だとこういうタイプも売ってるみたいです。スタイリッシュで良いですね

ボトルゲージ:買った時についてきたやつ

ペットボトル飲料とかを走行中にホールドしておけるやつ。

僕が買った自転車は元々付属品としてボトルゲージがついてくるタイプのやつだったので、こんな感じのスタイリッシュなやつがつきました。

走行中の水分補給は非常に大事ですが、手で持ってると荷物にもなるし単純に邪魔なので是非買っておきましょう。

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥1,561 (2020/09/18 14:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ということでクロスバイクにくっつけてる付属品たちのご紹介でした。

クロスバイクのいいところはこういう風に自分で付属品をくっつけて自分の好きなようにカスタマイズできるとこですね。移動するのが楽しくなります。

皆さんも自分だけのカスタマイズされた愛車を作って乗ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Amazonで3万円のクロスバイク「CANOVER(カノーバー)」買ったのでレビュー

僕が乗っているクロスバイクのご紹介です。

ミニマリストが2018年に買ってよかったもの57選

ミニマリストが2017年に買ってよかったもの63選

その他の買ってよかったもののまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク