フレッシュイチゴを使ってイチゴのマティーニを作った

先日ボストンシェーカーを手に入れたことで簡単にフレッシュのフルーツを使ったカクテルが作れるようになりました。

ボストンシェーカーを手に入れた

2019-04-03

ということでフレッシュのイチゴを使ったカクテルを作ります。

材料は以下の通りです。

  • イチゴ 1人あたり3~4個
  • ウォッカ 30ml
  • レモンジュース 10ml
  • シュガーシロップ 1tsp

元々マティーニというとジンとベルモットを3:1で割って作るカクテルなんですが、だいたいこういうフレッシュカクテルはジンやベルモットを使ってなくても「なんとかのマティーニ」って名づける風潮があるのでそれに従って命名しました。

まずは本日のメインとなるイチゴを用意します。

イチゴはこのあとつぶしてしまうので、高いものではなく不揃いのイチゴとか安いものを使うといいと思います。

大きいものはつぶしやすいように適当にカットします。

ボストンシェーカーのパイントグラスにイチゴをIN。

棒でしっかり潰してマッシュイチゴにします。

本来であればモヒートなどのカクテルを作る際に使われる「ペストル」という専用の潰す棒があると良いのですが、我が家はないので代わりに100均の麺棒を使ってます。潰れりゃなんでもええやろ。

しっかり潰れたらここで一度味見をします。

イチゴは新鮮なものなのでものによって酸味や甘みが違います。ここで一度味を見ながら味の設計図を自分の中で建てましょう。

ウォッカを30ml入れます。

今回は同時に2人分作るので60mlほど入れています。

レモンジュースを10ml。

そしてシュガーシロップを1tsp(ワンティースプーン・小さじ一杯)入れて良くかき混ぜて味を見ます。

ここで甘さや酸っぱさの調整をしていきましょう。

この後シェイクをするときに少し氷が溶けて味が薄くなるので、少し濃いめくらいの味付けにしておくと良いでしょう。

グラスを用意します。

今回使うカクテルグラスは予め冷蔵庫で冷やしておいたものです。

シェイクしてグラスに注ぎます。

この時に茶こしを使用しながら注ぐと、細かいイチゴの粒や氷片が取り除けるのでより口当たりがよくなるかと思います。

完成しました。

特に色が付くようなリキュールは使ってませんがしっかりとイチゴっぽい色合いになってます。

ということで、カクテル研究家の僕から自宅で楽しめるフレッシュカクテルのご紹介でした。

自宅でカクテル作ることに興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

動画でもご紹介

最後に、イチゴのマティーニを作るときの作り方を動画で撮ったのでそれも載せておきます。

以下、作るために必要なものとかを乗っけておきます。

関連記事

ボストンシェーカーを手に入れた

2019-04-03

カクテルをステアで作るには欠かせないバー用品、「ミキシンググラス」を手に入れた

2018-11-24

【全12種類】カクテル好きの僕がよく使う定番のミキサー(割り材)・ソフトドリンクまとめ

2018-08-30

【全23種類】宅飲み・カクテル好きの僕が持ってるおすすめのリキュール全部紹介します

2018-08-14
スポンサーリンク
スポンサーリンク