作業場に「iPhone用充電クレードル」を設置して、iPhoneを置くための指定席を作ろう

最近は持ち物紛失防止のために、よく使うアイテムすべてに指定席を設けようキャンペーンを実施しています。

ヘッドフォンホルダーを机の下に設置する吊り下げタイプに変えたら作業スペース拡がって最高

2018-02-26

タブレット・iPhone用のアームを買ったら作業机のスペースが増えて自由度が上がって最高

2018-02-09

その一環として、自宅の作業場にiPhoneを置く場所を設けようということでiPhone用充電クレードルを買ってみました。

自宅スタジオにiPhone用充電クレードルを導入した

買いました。外箱です。

お値段は1400円ぐらい。

内容物は本体のみです。

こんな感じで充電用のLightning端子が生えてます。

端子部分は可動式で、15度まで傾けて調整できるようになっています。

作業場のテーブルに設置

というわけでテーブルに設置してみました。

試しにiPod touchを置いてみたらちゃんと充電されました。

Amazonのレビューとかみてると、分厚いケースを使ってたりするとうまく充電されなかったりするらしいので気を付けてください。

ちなみにこの後僕のiPhoneでも試しましたが、僕の使ってる「ラギッド・アーマー」のケースでは普通に充電できました。

Spigen(シュピゲン)の衝撃吸収iPhoneケース「ラギッド・アーマー」を導入したら最高だった

2017-12-22

裏側のスタンド、こういう風に使うのかなーと思ってたんですがどうやら横向きにしてホールドするように使うらしいので間違えないようにしてください。

まとめ

というわけでまた作業環境に革命が起きました。

作業机で携帯置く場所って毎回困ってたんですが、これで置く場所が決まったことで悩まずに作業を開始することができます。

使っているケースによってはクレードルが刺さらない場合もあるらしいので、その点だけ注意するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク