四谷三丁目にあるサイエンスバー「INCUBATOR(インキュベータ)」でビーカーに入ったカクテルを飲んで知的好奇心をくすぐられてきた

先日ずっと前から行ってみたかった四ツ谷(正確には四谷三丁目駅が最寄り)の理系バー「INCUBATOR(インキュベータ)」に行ってきました。

ここのマスターは発生生物学を専門としていた元研究者で、店内の内装やコンセプトがすごい!ということを前からなんとなく知っていたので一度来てみたかったお店でした。

ちなみに「インキュベータ」とは「孵卵器(ふらんき)・孵化器」という意味。「何かが生まれる場所」という意味があるそう。

入店すると店内にはこのような数々の実験器具が。

棚の上もぎっしりと実験器具が並んでいます。

壁には理系の本がいっぱい。

知的好奇心をくすぐられます。

個人的に一番面白かったのはティッシュの代わりにテーブルにキムワイプが置かれていたことです。

試しに口拭いてみたら案の定ガッサガサでした。摩擦係数が高すぎる。

ちなみにお酒を飲むぞーということで当然この男も一緒に来ています。

誰やねんコイツって思った方はこの記事是非読んでください。

丸の内の夜景を一望できる、日比谷・帝国ホテル最上階のバー「インペリアルラウンジ アクア」に行ってきた

2018-08-07

ということで本日の飲みメンツは、

の計4人です。ちなみに一緒に行ったししょーの友達とはこの日が初対面で、最初に会った時は「うわこれ絶対関わっちゃいけない人だ」って感じのヤンキー顔だったんですが、話してみると普通にめちゃめちゃ良いやつでした。

ちなみに僕らが座った席から見える景色はこんな感じで、バーカウンターには怪しげな実験器具がたくさん並んでいます。

すんごい悪い実験してる悪の組織の施設みたいな雰囲気のお店です。

てことでメニューを確認。

まず、「生ビール 大ビーカー」の語感がめちゃおもろい。

事前情報で知ってたのですが、ここにはオリジナルのカクテルがあります。

「理系」「サイエンス」という一種のコンセプトバーでありながら、使っているリキュールはどれも本格的なものばかり。このあたりもマスターのこだわりが見えます。

ということで4人で上の全種類とりあえず注文してみました。

まず僕が頼んだのはこちらの「科研費(かけんひ)」という名前のオリジナルカクテル。

理系じゃない方は「科研費」ってなんやねんとお思いでしょうが、「科学研究費」の略で、簡単に言うと研究者や学生を援助するためにとある財団から出ている補助金みたいなもののことです。

材料は白ワイン、ジン、レモンジュース、パルフェタムール(すみれのリキュール)、ソーダです。

すみれリキュールの甘さとレモンの酸味が効いていて、今までに飲んだことのないさわやかな味わいのカクテルでした。

こちらは「マッドサイエンティスト」という名前のカクテル。

赤ワインとラムをベースにしたカクテルで、大型フラスコを回していると本当にマッドサイエンティストっぽい気分を味わうことができます。

そしてこちらは「アクセプト」というカクテル。

論文の「受理(Accept)」をイメージした大変おめでたいカクテルとのことです。

スパークリングワインをベースに、カシスリキュールで甘みと色合いを、レモンジュースで酸味を整えたカクテルです。

最後、一番面白かったのがこちらの「DNA」という名のカクテル。

下は砕いたいちごが、上はラム酒が入って2層になっています。

こちらの層を崩さないように振っていくと、イチゴのDNAが剥離して上のラムのほうに浮いてきます。

こんな風に上のほうに白いドロドロしたものがたまってるのがわかるでしょうか。

こちらは実際の実験でもDNAを取り出すのに使われる方法で、正確には「エタノール沈殿法」と呼ばれるものらしいです。

こんな風に実際に実験を目の前で見てもらえる非常に面白いカクテルですが、反応するまでに時間がかかるため乾杯には不向きとのこと。

ちなみにこちらのカクテルは反応を引き出すため、よりエタノールに近い75度という大変度数の高いラム酒を使用しているとのこと。飲む際はよく混ぜてから飲むようにしましょう。

ちなみに突き出しはこちらの「ドライイチジク」。

試験官(?)に入った状態で提供されます。

ということで色とりどりのカクテルで乾杯。

まるで悪の組織の密会みたいな雰囲気があって面白いですね。

ちなみにお冷もこんな感じでよく冷えたビーカーに入って出てきます。

で、半分くらい飲んだところでおつまみが欲しくなり「貝ひもの炙り」を注文したんですが、提供の前に「お箸と取り皿です」という説明とともに「シャーレとピンセット」が目の前に置かれました。そんなことある?

はい。こちらが「貝ひもの炙り」です。

一緒に出されるアルコールランプでセルフで炙っていただきます。

とても食事とは思えない風景が目の前に広がります。

これ理科室の先生が見つけたらめっちゃ怒りそう。

途中お手洗いに行ったついでに店内をいろいろ見渡しましたが、こんな感じで店内でも実際に使用されている実験器具が展示されていました。

こちらのお店で使われている食器(?)は理科の実験にも使われる純度の非常に高い水「純水」で洗浄し提供しているとのことです。世界一清潔なバーの可能性まである。

また店内にはこのような昆虫の標本も。

虫が嫌いなお客さんもいるので、店内の奥のほうに展示しているのだとか。

ちなみに店内にはこんな感じの白衣がたくさん置かれており、これらは自由に身に着けることができます。

ということで僕とししょーでマッドサイエンティスト感のある写真を撮ってきました。

たまたまししょーがスーツ着てたせいか、博士と助手感が強い。

そんなこんなで非常に楽しいバー体験でした。お会計は4人で6000円くらい。

四ツ谷は近くに理系の大学とか研究施設・研究関連の会社があるせいか、僕ら以外のお客さんは理科に精通している人が多いっぽく、カウンターに座ってたお姉さんはずっとマスターと熱く進化論について語ってました。

そんなわけで理系の人もそうでない人も非常に楽しめるバーです。是非四谷三丁目にお越しの際は行ってみてください。

サイエンスバー INCUBATOR(インキュベータ)

場所:東京都新宿区荒木町7番地 新駒ビル1階
営業時間:18:00~翌2:00(日曜・祝日・月曜定休)
TEL:03-5925-8832

日比谷のバーと言えばここ!ウイスキー好きに超おススメな「日比谷Bar LOUNGE」に行ってきた

2018-11-17

丸の内の夜景を一望できる、日比谷・帝国ホテル最上階のバー「インペリアルラウンジ アクア」に行ってきた

2018-08-07

北千住の路地裏に突然現れるオーセンティックバー「Bar 徒然草(つれづれぐさ)」で人生初体験のバーを楽しんできた

2018-06-18

川越クレアモールのカフェバー「CHINCHOGE(チンチョウゲ)」がガパオライス美味いしWi-Fiも使えるし居心地の良い空間でした

2018-04-22
スポンサーリンク
スポンサーリンク