本八幡の馬肉居酒屋「馬喰ろう(ばくろう)」で一生分の馬肉食べてきました

最近は例の疫病の影響で都内まで足を延ばすことがかなり減ったので、今日も地元の本八幡で飲んだ記録を残していきます。

今回行ったのはJR本八幡駅南口から徒歩1分程度の場所にある「馬喰ろう(ばくろう)」というお店。

その名の通り馬肉を大量に取り扱っている居酒屋で、市川市内でこれほど馬肉が食べられるお店はおそらく他にないと思います。

お店前の立て看板にもびっしりと「馬」の文字が。

ちなみに馬でご来店されたお客様のために店先に繋ぎ場が用意されています。

馬をコインパーキングに入れるわけにも行かないので助かりますね。

というか馬に乗って馬肉専門店に食事をしに行くのはなかなかサイコパスだなと思います。

犬の散歩しながら犬肉専門店に行くようなものでは?

入店。西部劇に出てくる酒場みたいな円形テーブル。

椅子はよくある一升瓶の通し函にクッションを乗せたもの。

開けると中に荷物入れられるので結構便利です。

メニュー。馬が使われていないメニューがない。

馬肉を使っていないメニューは最終ページの一番右下にちょこっとだけありました。

普通の居酒屋との馬肉比率が違いすぎて頭がバグる。

灰皿も馬喰ろう仕様。

調味料のラベルまで馬要素絡めてあって遊び心がすごい。

乾杯。

日本酒のおちょこも桜肉要素入れてあってかわいい。

お通しはもちろん馬刺し。

いきなりお通しで馬肉のヒレ刺しが出てくるのは初めての体験でした。めちゃめちゃうまい。

追加で馬刺しの三種盛りを注文。

こうねって何だ?と思ったら馬のたてがみのところの肉らしいです。

見た目に反して脂っこさもなくて美味い。

ロース肉最高すぎる。

馬肉ステーキ三種盛りも到着。左から

  • ハラミ
  • 肩バラ
  • サーロイン

の三種。こんなに馬肉ステーキ食うことないからかなりレアですね。

馬の形に切られたにんじんかわいい。

馬休めで肉味噌キャベツ。

キャベツ8分の1カットがそのまま皿に置かれた何とも男らしい一品。

馬肉ベーコンをあしらったフライドポテト。

〆に頼んだ馬肉ガーリックチャーハン。

この時完全に酔いが回っててチャーハン食べる前に写真撮るの忘れてたし2杯目に頼んだハイボールも撮るの忘れてました。

現在は時短営業をしていて20時閉店ということもあり閉店間際に店内をあらためて撮影。

どこかウエスタンな感じがある内装で良いですね。

ということでこの日は大満腹大満足で退店。お会計も2人で1万円くらいで安い。

しかも地元でめちゃめちゃ来やすいので絶対また来ます。

馬喰ろう 本八幡店

場所:千葉県市川市南八幡4丁目5−2 朝日ビル 1F
営業時間:17:00~24:00(月曜定休)
TEL:047-704-9489

created by Rinker
フジチク
¥792 (2021/11/26 19:26:13時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

箱根湯本のピザ屋さん「808 Monsmare(モンスマーレ)」でランチをいただいてきました

本八幡駅南口にひっそり現れる日本酒バル「7373(なみなみ)」で浴びるように飲んできました

本八幡の一番街にある焼き鳥屋さん「くふ楽」で焼き鳥と日本酒を摂取してきた

本八幡の一番街にひっそり佇む大人のBAR「Ao(エーオー)」が良かった

本八幡のちょっと良い焼肉屋「圭」で上質な焼肉をいただいてきました

本八幡駅にひっそりと佇む、料理も美味しいBAR「キッチンバー ロブロイ」に行ってきた

創業1977年!40年以上の歴史を持つ本八幡の老舗洋食屋さん「停車場(ていしゃば)」に行ってきました

成田駅から成田山に向かう参道の途中にある「厳選肉×バル ステーキハウス成田」がよかった

スポンサーリンク
スポンサーリンク