読書と珈琲が一緒に楽しめるブックカフェ「梟書茶房(ふくろうしょさぼう)」に行ってきた

先日池袋でランチを食べたお店がかなり知的好奇心をくすぐる良い場所だったのでご紹介しておきます。

場所は池袋駅のすぐ近く、エソラ池袋の4階にある「梟書茶房」というお店。

「書茶房」とは本を扱う「書房」と喫茶店を表す「茶房」のかばん語だそう。

お店の前に置いてあった食品サンプルです。

どれもこれもおいしそう。

店内の様子です。

椅子や机が一つ一つ綺麗で、まるでヨーロッパのお店にきたかのよう。

店内には最新式と思われるコーヒーメーカーもたくさん置いてあります。

どれもこれもぎらぎらしていてかっこいい。

伝票代わりに渡されたのはこちらの鍵。

お会計はこちらをレジに出すことによって行うそうです。おしゃれですね。

本がたくさん置いてあるぞ

さてこの梟書茶房の特徴として、普通のカフェとは比べ物にならないぐらいの本が置いてあることが挙げられます。

ご覧のとおり店内の本棚は文庫本でぎっしり。

そしてこのお店では売られている本を買うこともできるのですが、最も特徴的なのはその本のすべてにカバーがつけられており、題名が分からないということ。

カバーの一つ一つには数字がつけられており、お客さんはその数字や大きさからピピッとインスピレーションがあったものを1つ選んで買うことができます。

これは題名や表紙によって今までは手に取らなかった本を、全くの先入観なしで呼んでもらおうという目論見があるようです。

誕生日・記念日・今日の日付…、何でも構いません。

その手にとった一期一会の本を、その場で買い、コーヒーのお供に読むことができます。

食事だけでももちろんOK

もちろん店内で過ごす際は、一般のカフェと同じように食事だけでもOKです。

ランチの時間帯だったこともあり、まずは新鮮なサラダを注文しました。

セットで頼んだアイスコーヒーは銅製のマグカップに入っており、なんだかカクテルのモスコーミュールみたいですね。

ということでこの日はサーモンのクリームパスタを注文しました。

味が濃厚で非常に美味しいです。

一緒に来ていた彼女が頼んでいたのはこちらのオムライス。

シンプルながら非常に破壊力のある王道のオムライスですね。

僕らが座ったのは中央付近の席でしたが、窓際にはこんな席も。

両側を本棚に挟まれ、まさにここは本好きのためのためのスペースですね。

ということで、池袋のオアシスとも言うべき良きカフェでした。

読書でもしてゆったりと時間を過ごしたい方にはオススメのカフェです、是非訪れてみてください。

本と珈琲 梟書茶房

場所:東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋 4F
営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)
TEL:10:30~22:00(L.O.21:30)

関連記事

他では飲めない創作カクテルが楽しめる、池袋の会員制バー「クラフトカクテル」に行ってきた

2019-05-24

日本初の「マイクロブタと触れ合えるカフェ」、目黒の「Mipig Cafe(マイピッグカフェ)」に行ってきた

2019-03-22

本八幡の住宅街にひっそりと佇むおしゃれなカフェ「Cafe奥原商店」に行ってきた

2019-03-03

池袋南口ルミネ1階にあるクレープ屋さん「ジェラートピケカフェ」でおしゃれなクレープをいただいてきた

2019-01-15

下北沢のワッフルカフェ「ORANGE(オランジ)」は居心地よくてインスタ映えもばっちりな空間でした

2018-12-28

新宿ミロード8階にある電源カフェ「ヘッドクォーターズカフェ(H.Q.CAFE)」に行ってきた

2018-12-14

ボタン一つでコーヒーもカプチーノも淹れられるコーヒーメーカー「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を買った

2018-12-07

池袋サンシャインシティのハワイアンカフェ「ロコズカフェ」でいい感じのプレートご飯をいただいてきた

2018-11-22

金町にあるケーキとイタリアンのお店「Café Sweets+(カフェ スイーツプラス)」がよかった

2018-11-20

浜町駅と東日本橋駅の中間にある電源カフェ「スクエアカフェ(SQUARE Cafe)」でノマドしてきた

2018-11-01

池袋東口の「MKレストラン」が1人3000円でしゃぶしゃぶも飲茶も寿司も食べ放題な最高のお店だったのでおススメしておきます

2018-06-22

池袋東口の串揚げ専門店「翠風(すいふう)」の「おまかせ串揚げ」コースでおなかいっぱい食べてきた

2018-05-16
スポンサーリンク
スポンサーリンク